理想の鼻を手に入れるには

顔の手入れ

鼻は顔の中央に位置しているため、顔全体の印象を決めるのに、極めて重要なパートを占めています。事実、鼻の形を少し変えるだけで、ガラリと雰囲気がおしゃれになったり、逆に野暮ったく見えたりするものです。 そうしたことから鼻整形を考える方も多いでしょうが、鼻整形は美容整形の中でも高度な技術を要求される施術であり、また術後の腫れが目立つところでもあります。そんな鼻整形で、今注目を浴びているのが、切らない整形なのです。 切らない鼻整形というとヒアルロン酸などを注入する方法が有名ですが、このところ人気が高まっているのが糸による鼻整形です。これは特殊な糸によって鼻、特に鼻先を形良く形成するもので、メスを使わないため腫れも少なくダウンタイムもほとんど必要ありません。また、気に入らない場合の修正も可能ですし、プロテーゼのように異物が体内に入っているということに対する精神的抵抗感もありません。 鼻の高さはプロテーゼを使ったものほど出させませんが、ほんの少し鼻の形を変えるだけでガラリと顔の印象が変わることを実感できることでしょう。何より、施術の安全性の高さが嬉しいところです。 今後はこうした、メスを使わずに、腫れや痛みも少なく、かつ鼻をきちんと形成できる施術が、ますます発展するのではないでしょうか。そして、もっと気軽に鼻整形を受ける人たちが増えることでしょう。 この施術に関しては、糸の材質や施術の方法など、各美容整形クリニックで改良が進められています。これからはもっとメスを使わない鼻整形の施術法が増え、施術を受ける方の希望や状況によって選択することになるでしょう。 鼻整形が不安、そんな方でも気軽に受けることができる、そうした時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。

鼻整形と言った場合、日本で最も多い施術は高鼻術です。この高鼻術には何種類かの施術法があり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。自分に合った鼻整形をするためにどのような点に注意したらよいのか、見ていきましょう。 高鼻術の中で最も確実に鼻を形を形成でき、高さもしっかりと出せるのは、何と言ってもプロテーゼを使ったものです。プロテーゼは術後に問題が起こることが多いと敬遠される人がいますが、技術のしっかりした医師に適切な処置をしてもらえば、決してそんなことはありません。問題は、自分がどの程度の高さにしたいのか、自分の鼻の現状はどうか、など事前にきちんとカウンセリングで話し合い、医師と意見の一致を見ておくことでしょう。そのためにも、医師選びは慎重にしたいものです。 これに対してヒアルロン酸や糸を使った高鼻術は、手軽にできるところが魅力です。腫れも少ないですし、ダウンタイムもあまり気にしなくていいでしょう。ただし、高さを極端に出すことは不可能ですし、特にヒアルロン酸の場合、中々理想通りの形にするのは難しいものがあります。また、ヒアルロン酸は一定期間経ちますと吸収されてしまいますので、また施術を受ける必要があります。 ですから、ヒアルロン酸など元に戻る施術をまず受けてみて、納得がいったらプロテーゼを挿入する施術をする、といった利用法もありなのではないでしょうか。鼻整形をした自分の顔を一度その目で確かめてみましょう。 美容整形は、特に鼻整形は目立つ位置ということもあり、非常に欲求の高い施術でもありますが、反面不安が高い施術でもあります。希望通りの鼻を手に入れるために、やはり事前の相談、情報収集がものを言うのではないでしょうか。