鼻の形でプラス思考になる

女性

美容整形には色々な種類がありますが、昔から今まで最も人気があるのが鼻整形です。日本人は外国人に比べると総じて鼻が低いので、コンプレックスに感じる人が多いのです。しかし今では整形技術の進歩によって、誰でも鼻を高くすることができます。鼻整形には方法によっていくつの特徴があります。鼻の先端が丸いのをシャープにする整形を鼻尖縮小といいます。この場合は大袈裟な整形をしなくても、人気のあるプチ整形で鼻の先端をすっきりさせることができます。初めて鼻整形をする人に向いていますいわゆるだんご鼻をすっきりさせる整形を鼻尖形成といいます。これは鼻尖縮小よりも複雑な治療が必要で、耳の軟骨などを移植します。鼻先の角度や向きまで調整できますが、周囲に整形したことがわかりにくい方法なのでとても人気があります。自分のイメージどおりの鼻にするのを鼻中隔延長といいます。これは鼻整形の究極の方法です。手術によってどんな形の鼻にも変えることができるのですが、完璧にこの整形ができる医者は少ないのです。最近増えているのが、鼻の穴の形を変えて穴を目立たなくする鼻孔縁延長という方法です。鼻が低くて少し上向きの場合は鼻の穴が丸見えになりますが、それを目立たなくします。これらが鼻整形の種類と特徴ですが、これ以外にもあります。整形方法が細分化しているということは、それだけ鼻整形の希望者が多いということです。これから治療する人は、自分がどのような鼻にしたいのかをハッキリさせてから美容整形クリニックのカウンセリングを受けるとうまくいきます。

鼻整形は誰でも安全に行えます。整形後に満足を得るためには、自分が望む鼻のイメージを明確にしておくことが大事です。イメージが曖昧だと、整形後に違和感を抱くからです。そうならないためには普段から自分が求める鼻のイメージを決める必要があります。そのための工夫として、雑誌やグラビアを見て自分にとっての理想の鼻を探すのです。外国のモデルや女優は元々の骨格が違うので除外し、日本人の鼻を対象にします。たくさん見ている内に絞り込まれてきますから、その写真を持って美容整形クリニックのカウンセリングを受けるのです。医師の方も具体的なイメージを提示された方がアドバイスしやすいのです。もう一つの工夫は、整形する前に鼻アイプチで鼻の形を変えてみるのです。ネットショップなどで簡単に鼻の形を変えられる鼻のアイプチが購入できますから、試しにそれをやってみるのです。1日だけでも鼻プチで自分の鼻を変えてみると、整形後のイメージを実感できます。またメイクを工夫することによって、鼻の高さを変えてみることも必要です。メイクですから失敗しても何度でもやり直せますので、自分の鼻はどのような形にすれば一番良い形になれるのか、何度でも試してみることができます。ノーズシャドーを作るための化粧グッズが売っていますから、それを利用すれば化粧で鼻のイメージを変えられます。気に入ったイメージができたら写真に撮って、カウンセリングの時に見せれば、医師もイメージが掴みやすくなります。鼻整形をする準備として、このような工夫をするのはとても大事なことです。