コンプレックスの解消法

整形

鼻は顔の中心にあるため、目立ちやすいです。ですので鼻の形や大きさで印象が変わります。高くて鼻筋が通った綺麗な鼻になりたい願望の人は多いです。そのため、鼻整形に対するニーズは年々高まっています。鼻整形には様々な種類があります。鼻筋を通したい人や、鼻を高くしたい人には降鼻術という方法があります。降鼻術とは、メスを使わない方法です。目と目の間から鼻筋にヒアルロン酸を注入します。そこにヒアルロン酸を注入する事で鼻と目に高さや低さの差をつける事ができます。時間の経過と共に、ヒアルロン酸が体内に吸収されます。ですので元に戻ります。また、プロテーゼ法という方法もあります。プロテーゼは人工軟骨とも言われています。また、安全性が高く体内に入れても無害です。どちらかの鼻の穴の内側を数ミリ切開します。そしてプロテーゼを注入します。また、自分の助骨や耳の軟骨を使用して鼻に注入する方法もあります。プロテーゼのアレルギー反応が心配な人はこの方法が効果的です。また、小鼻を小さくしたい人には小鼻術という方法があります。小鼻の膨らみを小さくする事ができます。ですので、小鼻が横に広がって、鼻の穴が目立つ人に効果的です。また、丸い鼻の形を細くみせたい人には鼻の先端を小さくする手術が効果的です。ですので、だんご鼻の人にはこの方法が人気です。また、ワシ鼻が悩みの人には出っ張りのある鼻筋を切る取る方法があります。このように、鼻整形は自分の目的別に合わせた様々な方法があります。

鼻整形は目の整形と同じ位人気が高いのが特徴です。それぞれ、鼻整形の種類を確認し、自分に合った方法を見極める事が大切です。まず、ヒアルロン酸注射をするの場合はヒアルロン酸が安定するまでに期間があります。3日から1週間程かかります。ですので、安定するまで圧迫をしたり、触ったりしないように気をつける事が大切です。また、プロテーゼを挿入する方法は、安定するまで約一ヶ月かかります。また、プロテーゼを入れてから一週間は鼻をかんだり洗顔をする時には注意する事が必要です。擦ったり、触ったりしないようにする事が大切です。安定した後は日常生活の中での衝撃でしたら問題無く過ごせます。しかし、大変強い衝撃を受けてしまうとプロテーゼの位置が擦れてしまう可能性があります。ですので注意が必要です。また、小鼻を小さくする方法や鼻先をすっきり見せる方法は安定するまで一ヶ月程かかります。ですので最初の一週間は不安定です。そのため、あまり触らないようにする事がポイントです。また、曲がっている鼻筋を真っすぐにする方法や、鼻筋を細く見せる手術も安定するまで約一ヶ月かかります。約1週間から2週間はギブスで固定しています。また、ギブスを外しても2週間から3週間は触らないようにする事が大切です。このように、手術を受ける前はそれぞれのダウンタイムを確認する事が重要になります。また、カウンセリングをしっかり受ける事もポイントです。自分のなりたい鼻の形や鼻の悩みをしっかりと伝える事が大切です。