コンプレックスの解消法

整形

現在、美容整形の人気は益々高くなっています。自分の容姿に対するコンプレックスを抱えている人は多いです。特に鼻はメイクで形を変える事は難しいのが現状です。ですので、鼻整形の人気は加速する傾向にあります。

詳細を確認する...

鼻の形でプラス思考になる

女性

日本人は鼻が低いので多くの人がコンプレックスを感じています。今は鼻整形の技術が進歩しているので、イメージ通りの鼻にすることができます。鼻整形には種類がありますから、自分の希望する鼻の形を明確に決めておくことが大事です。そのためには事前に雑誌やグラビアなどを見て、イメージを固めておくことです。

詳細を確認する...

理想を求めた鼻の形

女性

美容外科で行われている手術では、鼻整形も依頼数が多い部類です。鼻にコンプレックスを抱えている人が、高く細い鼻に憧れて受けていくことがほとんどです。日本人を始めとした一部のアジア圏では、欧米人と比べて鼻は高くはありません。鼻が整っていることは必ずしも美しさの基準ではありませんが、ひどく気にする場合は美容外科の力を借りて変われることもできます。しかし、ただ理想の鼻に憧れるだけでなく、自分に似合っているかどうかを確認していくことが大切です。理想を追い求めて鼻整形を受けたものの、違和感を感じてしまう印象だと効果も感じられません。目と口のバランスから考えて、自然な印象となる鼻にしていけば大丈夫です。このような鼻整形は、カウンセリングでイメージ画像を見せられるのが一般的です。何通りもの鼻を試していき、真正面だけでなく、横から見た印象も確認するようにします。鼻1つでその人の顔の印象が決まるので、決して見逃せない判断基準です。そして、手術前は体調管理に特に注意するようにし、くしゃみなどが出てしまう状態では手術を延期することが無難です。花粉症の人でもなるべくその時期を避けて受けていくようにし、体調が万全のときが鼻整形には最適です。こういったことを意識しながら、あとは実績数の多い美容外科で受けていくのが安心です。美容外科によっては鼻整形にこだわりを持っているところもあるので、理想の仕上がりを希望していくにはしっかりと探していくことです。どういった鼻にしていきたいのかを明確に決めておき、具体的に伝えていくようにしましょう。

鼻整形の手術法では、何種類もあるので無理のない範囲で最適な方法を選んでいくようにします。代表的なのが、鼻の筋から先端に掛けてシリコンを入れていく方法です。これは、鼻の穴から切開していき、シリコンを鼻筋に通していきます。鼻の内側から切開するので、傷痕が目立つことはありません。自然に近い硬さのシリコンなので、大きな違和感を感じることもないでしょう。これで、鼻筋の通ったラインができあがり、鼻も高くなります。この方法と同じように、耳の軟骨を移植していく方法も行われています。鼻の一部は軟骨でできているので、耳の後ろから切り取った軟骨で鼻の先端に移植ができます。丸くなっていた部分がこれでスリムな印象にもでき、形を自由に変えていけるメリットもあります。他に鼻を切らない方法では、ヒアルロン酸を鼻の先端にかけて注入していくことで、立体的な状態が見られます。しかし、この方法はヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、長続きはしません。そのため、定期的に受けていけば問題ありませんが、費用が安いのが他の手術との大きな違いです。そして、鼻翼と呼ばれる小鼻の部分の形もメスを使って変えられます。鼻の穴が大きいことに悩んでいる人はお勧めで、これで鼻の穴を縮小して縦に伸ばすことも可能です。これは、鼻の穴の中から余分な部分を切除していく方法と、外側から形を整えていく方法で行われます。外側からメスを使うのは、鼻のふちに沿って行われるのでその痕が気になることはないでしょう。それぞれの鼻の穴の形から、最適な方法で行われる手術です。このような技術から、コンプレックスに感じていた部分も魅力的な部分へと生まれ変われます。ある程度の知識を身に付けておいて、信頼できる美容外科でお任せしていくことが一番の理想です。